ブランディングのセミナー~マーケティングとの違い&企業や消費者・顧客にとっての役割~ | ディープヴィジョン研究所

マーケティングとブランディングの違い、それぞれの役割とはなんでしょうか?どちらも企業経営の中枢を支える重要な戦略であるため、その違いや役割をしっかり把握することは大切です。こちらでは、似て非なるマーケティングとブランディングの違い、それぞれが持つ役割を解説します。

ディープヴィジョン研究所では、ブランディングやビジネスに必要な考え方、スキルをセミナーでもお伝えしています。ブランド構築やブランディングについてご理解を深めていただくセミナーとなっていますので、より詳しく知りたいという方はご参加ください。

ブランディングとマーケティングの違い

グラフが描かれた資料

ブランディングとマーケティングは根本的に違うものですが、混同されるケースが少なくありません。どちらも商品やサービスを売るための行動であり同じような目的を持っていますが、この2つは別物です。

ブランディングとは、自社の商品やサービスのイメージを消費者・顧客に伝えるためにブランドを構築する一連の活動のことです。一方のマーケティングは、商品やサービスが売れるための仕組みづくりといえます。

つまり、簡単に説明するとブランディングは差別化を図る行動、マーケティングは商品やサービスを消費者・顧客に届けるために行う全ての行動であり市場創造といえるでしょう。

ブランディングとマーケティングが持つそれぞれの役割

ブランディングとマーケティングは、それぞれ企業や消費者・顧客にとって次のような役割を果たしています。

ブランディング

企業にとっての役割

  • 消費者・顧客から信頼を得られやすくなる
  • いくつもある商品やサービスの中から選ばれやすくなる
  • 消費者・顧客の満足度向上につながる

消費者・顧客にとっての役割

  • 商品選択の際に情報収集の手間を省くことができる
  • 欲しい商品やサービスを的確に選択し購入することができる
  • 期待はずれというリスクを回避できる

マーケティング

企業にとっての役割

  • どのような商品やサービスがどのような消費者・顧客に求められているか知ることができる
  • どのように商品やサービスを認知してもらうか知ることができる
  • 自社商品やサービスが売れる仕組みづくりができる

消費者・顧客にとっての役割

  • 自分の求める商品やサービスに率いてくれる
  • 商品やサービスの購入へと導いてくれる

セミナーやコンサルティングで企業のブランディングや市場戦略づくりをサポート

手のひらに浮かべたサポートの文字

ブランディングとマーケティングの違い、それぞれの役割についてご紹介しました。

ブランディングとマーケティングは似ているようですが別物で、それぞれに役割があります。そのため、マーケティングとブランディングをうまく組み合わせて展開していくことが必要です。

ディープヴィジョン研究所では、企業規模を問わずブランド構築、事業商品開発、市場戦略づくりなどをサポートするサービスを提供しています。1年以内に全く新しいブランドを立ち上げるコンサルティング、ブランディングに必要な考え方やスキルを伝えるセミナーを展開中です。コンサルティングやセミナーにご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にお問い合わせください。

ブランドを立ち上げる際に知っておきたいポイント

ブランディングのセミナーを開催するディープヴィジョン研究所

会社名
株式会社ディープビジョン研究所
Deepvision Lab ltd.
設立 2017年9月20日
代表者 江上 隆夫
住所 〒107-0062 東京都港区南青山4丁目17-51 清水ビル1F
TEL 03-5413-8306
URL https://deepvisionlab.jp/
事業内容 コンサルティング、セミナー、講演、研修、出版、クリエイティブサービス、事業開発